top of page
  • 執筆者の写真藤田 慈弘

お焼香をする理由

お久しぶりです。

最近更新をサボっておりました副住職です。


先日は風が強く境内が葉っぱや枝で荒れ放題となってしまいました。

しかも本日は大雨で掃除もできず。。。

雨上がりのお庭を見るのが恐ろしいです。


さて、急に本題に入りますが本日のテーマはお焼香です。


法事や葬儀に参列される時、必ずお焼香をされますね。

お焼香はインドが発祥といわれ元々は酷暑のため遺体の腐敗が早く進んでしまい、腐敗臭を抑えるために焼香を焚いていたといわれています。


お焼香をする理由とは、故人があの世へ行くための道標だったり、お焼香の香りや煙が仏様の食べ物になる等色々といわれております。

一般的には故人様のためにする行為ではありますが、これは自分自身の精神をととのえ、不浄を清めるといった意味合いもあります。


また香りが空中に満遍なく広がることは、仏教の教えが広がることを意味しています。

さらに、香りは時間とともに良い香りがなくなり、灰になってしまいます、これは人は皆いずれ消えていく存在であることを表しており、仏の悟りを教えてくれているのです。


私も法務をする時にお焼香の煙が本堂に広がるとまるで雲海みたいになって綺麗だなと思っています(笑)


是非皆さんもこのことを念頭においてお焼香をしてみてください。


それでは、また

閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

断捨離

お久しぶりです。 またサボっておりました。。。 11月に入って上旬は暑いなと思っていたら最近急に寒くなってきて秋はどこへやら? といったところですが、皆様体調の方は大丈夫でしょうか? 今年も残すところあと2ヶ月を切りました。 年々1年経つのが早いと感じております。 さて、タイトルにもありますが、年末近くなってくると断捨離をする方も多いかと思います。 私は自称ミニマリストなので物が少ないため、そんな

Comments


bottom of page